ブログ

ボディーペインティング(湘南わもっか保育園・・・3,4,5歳児クラス)

 「いつでも思い切り遊べるように、保育園には汚れても良い服で来てください」と日頃からお願いしていますが、この日の幼児クラスはいつも以上に汚れました。とろとろする絵の具の感触を身体全体で味わっちゃおうという「ボディペインティング」を楽しむ日でした。

 

 最初は指先や手のひらだけで様子を見ていた子どもたちも、だんだんダイナミックになって顔に塗ったり、友だちと塗り合いっこしたり、色の混ざっていく変化の様子をみたり、日差しでどんどん温まっていく絵の具の感触を存分に楽しみました。

 

「これぐるぐるぺたぺたしていいの?ほんとにいいの?やっっちゃうよ?!」

 

「わーい!ぬるぬるする!混ぜたらこんな色だ」赤・青・黄色・白・緑だったはずですけれど。

 

 混ざり合って最後にはサツマイモみたいな色になった絵の具を全身に塗りたくっていたので、シャワーで洗ってもなかなか落ちず、あざだらけみたいに見えてびっくりしたことと思います。ご家庭では躊躇してしまうような体験も保育園では思い切りできることがたくさんあります。

 

「こんなふうにやったら楽しいよ―」とお手本を見せてくれた先生、容赦なく塗りたくられて楽しそうでした。