ブログ

何を作っているのかな?(湘南わもっか保育園・・・3歳児クラス)

 園庭を見下ろせる2階のテラスは風が通ってとても気持ちの良い場所です。水遊びをしたりシャボン玉を飛ばしたり、園庭で遊ぶ友だちに「おーい!」と声を掛けたり・・・。3歳児クラスの大好きな場所です。夏の時期はたくさん遊んだら「お風呂に入ったの?」というくらい髪の毛がびっしょりになります。
給食の前、早めに涼しい部屋に戻ってクールダウンがてら粘土を出して遊びました。
初めて使う粘土ベラは切ったり刺したり、手でコロコロするだけではできない様々な形ができる楽しい道具です。使い方を間違えると危険なものになってしまうので、はじめにお約束をしました。
何をして遊ぶにもルールを守らないと「自分だけ楽しい」になってしまいます。みんなが心地よく過ごせる楽しい時間をたくさん作っていけるように、一つひとつの遊びのルールをわかりやすく伝えていきます。

 

おしゃべりしながら手を動かしてコロコロしていると、いつのまにかお団子がたくさんできました。

 

よく見て真剣に粘土を切ります。

 

何ができたのかな。何かできるたびに「見て見て!」と見せてくれます。