ブログ

自分でできるよ(湘南わもっか保育園・・・2歳児クラス)

 雨が続いたイメージがないままに梅雨開け宣言となり、うだるような暑さが急にやってきました。
外で遊びたいけれど長時間になるとまだ暑さに慣れていない子どもたちの体調が心配です。熱中症警戒で暑さ指数を調べつつ、活動を検討しながら過ごしていきます。
1歳児はできないことも2歳児は時間をかけてやるとできることが増えてきました。外へ出る時の靴下や靴履きは「やって―」の声も聞こえますが、「待ってるよ―やってごらん」の声に励まされ自分で履けるようになってきました。
これからは裸足で外へ出てどろんこや水遊びの夏ならではの遊びが増えてきますが、タオルで体を拭いたり着替えたり片付けたり、遊び以外の身支度の部分にもゆっくり時間をかけて、「全部自分でやった!」の満足感を一日の中でたくさん持てるようにしていきます。

 

裏返しになってる靴下を直したり、どっちの足かな?考えたり、足と手の動きと体の柔らかさ履き方はそれぞれです。

できた!まだ頑張ってる友だちができるまで、待っててくれます。