ブログ

絵の具遊び(湘南わもっか保育園・・・1歳児クラス)

 「何をするのかな?」と先生の話をよく聞いて、指先をよく見て、「さあどうぞ」の声と共に卵パックを利用したパレットに並んだ様々な色の絵の具を指につけます。白い紙に指先につけた絵の具をちょんちょんとつけると、たくさんのカラフルな点々ができました。

 

先生の指先を真剣に見つめる瞳。紙にチョンとすると視線もついていきます。興味があると集中して聞くことができます。

 

絵の具をつけるより、絵の具を選ぶことが楽しいのかな。出して、入れて、出して繰り返し楽しそうでした。

 

 人差し指をぴんと伸ばしてつけることができるようになってきた1歳児ですが、絵の具のぬるぬるした感触も楽しんで、あちこちに塗りまくっていました。始めはそっとしていたけれど、だんだんと大胆になり、そのうちに手のひらいっぱいに絵の具が広がっていきました。