ブログ

創造力と想像力(湘南わもっか保育園)

 4・5歳児クラスの保育室に置いているブロックやカプラは、子どもたちの頭の中にある形を再現できれば最高に楽しいものです。カプラは積み上げる時には、手を離しても良いか、近くの友だちがぶつからないか等緊張感がみなぎっています。

 

 ブロックはカチッとはまるのでカプラのように崩れることはありません。色の組み合わせを考えたり工夫ができます。思ったような形にできなくてイラっとすることもあるようですが、友だちと一緒に考えていると楽しさが広がるようです。

 

高く積んでバランスを見て・・・一つずつ積み上げる時の緊張感。ガシャーンと崩れてしまうときの表情がたまりません。

 

バリエーションも広がります。「ここをこうしたらいいんじゃない?」バランスをとりながら考えて、形を工夫していきます。

 

 大作ができると、みんなに見て欲しくて飾っておきたくなりますね。

 

これは何を作ったのでしょうか。色違いで友だちと作ったのですね。ほしい色や形の取り合いもありますが、一緒に作る楽しみもあります。