ブログ

春のめぐみ(湘南まるめろ保育園・・・5歳児クラス)

こんなに立派な竹の子が抜けました。重そうです!

 

 先週の金曜日に湘南わもっか保育園の5歳児クラスから湘南まるめろ保育園の5歳児クラスへ1通の手紙が届きました。内容は…湘南わもっか保育園の裏庭にある竹林に「竹の子」が顔を出しているので、取りに来てくださいとのこと! 早速、今日は「美味しい竹の子を見つける!」と勇んで園を出発して行きました。

 

 湘南わもっか保育園のアスレチックから里山に続く辺りはほとんどが竹林になっています。春のこの時期、地面から可愛い頭を出している竹の子! 頭が出たらすぐに抜かないとあっという間にぐんぐん大きくなってしまいます。用務員さんから見つけ方を教わり、いざ竹林へ! それはそれは子どもたちの目の良いこと‼ 次々に程よい大きさの竹の子を発見してくれました。

 

 土深く埋まっている竹の子は子どもたちの見守る中、応援の声と共に用務員さんの力を借りて抜きました。見事な竹の子を収穫することができました。抜いた竹の子はみんなで皮むきです。剥いてもむいても出てくる皮に少々あきれ顔の子どもたち! それでも見たことある色の竹の子が顔を出すと大喜び!水で土を落として給食さんへ届けました。 今日の給食には間に合いませんでしたが、明日の給食には美味しく料理された春のめぐみ「竹の子」が登場することでしょう。 子どもたちと一緒に春のめぐみを楽しみたいと思います。

 

皮むきが始まりました。剥いても皮、まだまだ皮…あきらめずにむき続けてくれました。

 

今度はみんなで水で綺麗に洗ってくれました。これだけ手間をかけた「竹の子」きっと美味しいはずです!