ブログ

発見! (湘南まるめろ保育園・・・1歳児クラス)

始まりは一人の子が小さな小枝を見つけたことから…

 

 ぽかぽか日和となった今日、1歳児クラスは「みどりの広場」へ散歩に出かけました。今日も誘導ロープ、手つなぎ、散歩車と一人ひとりに合った移動方法で広場まで向かいました。誘導ロープにつかまって歩くことも大分上手になってきてるのに驚かされます。
広場では早速ひとりの子が小枝を見つけて地面に何かを描きだしました。するとそれを見た周りの子たち、次々に小枝集めが始まり、みんな下を向いて必死に探し始めます。思い通りの小枝が見つかったかは分かりませんが、その後みんなで楽しそうにお絵かきする様子がありました。「一緒に描くのって楽しい~!」同じ遊びを模倣して、近くで一緒にすることから遊びの輪が広がっていきます。子どもたちの動きをよーく見ていると様々な発見が伝わってきます。

 

手を繋いで一緒に小枝を探し始めました。手ごろなサイズの小枝を見つけるためまなざしは真剣そのものです。

 

自分で見つけた小枝は宝物! 楽しそうにお絵かきタイムが始まりました。

 

何なに?」見たことないもの みーっけ‼

 

 もう一つの発見は「青虫」、広場の壁に青虫を見つけました。「何だか変な動き!」子どもたちはじーっと見つめて離れません。よくよくその動きを観察していました。そのうちどんどん友だちが集まってきて…青虫からすれば、こんなにたくさんの視線を浴びたことはなかったのでは、と思ってしまいます。しばらくの間子どもたちの熱いまなざしを浴びた「青虫」でした。

隣りの駐車場では積載車が車を積み込む場面に遭遇! これまた釘付けです。フェンスに顔を押し当てて、その様子を「見逃さないぞ!」とばかりに見つめていました。
今日はたくさんの発見をした1歳児クラスの子どもたち。また散歩へ出かけましょうね‼

 

「なんだかおもしろい!」「動いているよ」みんなの熱い視線を浴びた青虫でした。

 

車が好きな子も、そうでない子も食い入るように見てました。